髪が薄くなってきた! 女性の薄毛の原因とは?


「薄毛」と聞くと男性の問題のように思えます。しかし現在では、女性の中にも同じように悩む方が増えているのです。男性の薄毛は「男性ホルモン」が原因だとされていますが、女性の場合はどうなのでしょうか。本記事では、女性特有の薄毛の悩みや原因、対処方法についてご紹介します。
+
一昔前は、女性よりも男性のほうが薄毛を気にしていました。実際に女性は、薄毛に悩む方は加齢によるものが原因だったからです。しかし近年では若い女性であっても、髪が抜けやすくなってきたことを気にする方が増えています。

女性の髪が抜けやすくことは加齢以外にも、出産後に起こるといわれています。これには理由があり、出産したことでホルモンバランスが乱れ、身体に必要な栄養の減少が原因です。このような薄毛は、時間とともに回復していきます。

また女性の髪は男性と異なり、髪の分け目から薄くなっていきます、男性の場合は全体が徐々に薄くなっていくため、毛根が薄くなる原因が少し異なっていることが分かります。分け目から髪が薄くなるのは、「髪の細毛化」が原因です。

男性よりも毛根が太く、抜けることはほとんどありませんが、加齢とともに髪が細くなっていきます。その結果、更年期頃には地肌が透けるほど細くなり、額から後ろへ後退するように薄毛が深刻化します。髪の束は通常、2本~3本が近い毛根から生えています。加齢によってこの束数も徐々に減少してくので、ゆっくりと髪が薄くなっていきます。
+
最近では30代の女性でも、髪が薄くなってきたことに悩んでいます。この原因は現代社会も関係しているとされ、さまざまな調査が行われています。中でも薄毛の最大の原因とされているのが、女性ホルモンの減少です。

女性ホルモンは、30代以降になると分泌量が次第に減少していきます。とりわけエストロゲンと呼ばれる物質は、女性の髪に深く関係しています。髪の毛のハリやコシ、ボリューム感はエストロゲンによって生まれます。

現代を生きる女性は、この女性ホルモンの分泌量が少なく、ホルモンバランスが乱しています。ここでは、女性ホルモンの減少がなぜ起きているのかについてご紹介します。
+
当然のように社会で働くようになった女性ですが、さまざまな環境で多くのストレスを抱えやすくなっています。男性もストレスにさらされますが、女性の場合はストレスによって身体に不調が生じてしまいます。ストレスを溜めこんでしまうと、頭皮の血行不良や毛根に行き渡るはずの栄養が十分に届かなくなります。血行不良になると頭皮が硬くなるため、毛根が詰まりやすくなるのです。その結果、若いうちから薄毛に悩まされる原因となります。
+
現代社会において、仕事での残業や休憩時間のない過酷な勤務が問題視されています。家に帰宅する時間が遅くなり、疲れ果ててご飯も食べずに眠るといった生活は、当然ながら生活習慣を乱す原因となります。偏った食事や睡眠不足、不規則な生活リズムは知らず知らずのうちに身体にストレスを与えます。身体に疲労やストレスが溜まることによって、回復のために栄養やエネルギーを消費します。髪に行き渡る分はほとんどなくなるので、身体の不調が多くなるほど抜け毛に悩まされるのです。生活習慣を見直すことで、抜け毛予防ができます。
+
街を歩いていると、ほとんどの方が髪を染めていたりパーマをかけていたりします。カラーやパーマは髪を傷める原因になるため、蓄積されたダメージによって薄毛を加速させている可能性があります。

頻繁にカラーやパーマをしている方は、抜け毛予防を徹底しましょう。また、ワックスといった整髪料の使用も、同様にダメージを与えてしまいます。ワックスなどの汚れが毛根に入り込むと、髪の成長を妨げる原因になります。頭皮がかゆい場合やふけが出る場合は、毛根の詰まりや髪のダメージが原因かもしれません。シャンプーやトリートメントの種類ややり方を一度見直してみましょう。
+
毎日行うシャンプーですが、間違った洗い方をすると髪がきれいになりません。また、毛根などの頭皮自体を傷める原因になるので、一度見直してみてはいかがでしょうか。シャンプーは頭皮のかゆみやふけの原因にもなります。

髪を3分ほどしっかり濡らしたらシャンプーを泡立て、爪を立てずに指の腹で洗いましょう。洗い残しがないように十分にすすぐことが大切です。
+
女性の薄毛の原因は、ストレスや生活習慣の乱れにあります。しっかり見直し、適切な対処を行うことによって薄毛予防につながります。

「HAIR DESIGN ATELIER MIU」では、女性がゆったりと過ごせる空間を提供しています。髪を染めたい方でも気軽に利用できるように、頭皮に優しいカラーやトリートメントを使用しています。薄毛が気になるけど、おしゃれも楽しみたい方はぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

Reserved

FaceBook