ヘアスタイルで印象が変わる! 男性の年齢別おすすめヘアスタイル


ファッションなど見た目が与える印象は人間関係において非常に重要です。初対面の際の印象もそうです。見た目次第で相手の感じ方も変わってくるのです。男性の場合プライベートだけでなくビジネスの場においても見た目は大切です。そこで今回は年齢別におすすめするヘアスタイルについてご紹介いたします。
+
ヘアスタイルはその人の印象に非常に影響を与えます。髪の毛がボサボサの人を見ると無精で暗いように感じますし、さっぱりとした髪型であれば清潔さを感じます。もちろん人間関係においては性格や人柄のほうが大切ですが、パッと見の印象は初対面の場合特に大切な要素となります。

とはいえ、短髪の人全員が、清潔感にあふれるような印象を与えるかというとそうでもありません。例えば坊主頭にした場合、清潔感はありますが同時にいかつさや無骨な印象を与えることになります。一方でボサボサ頭だったとしても、ヒゲや洋服などの組み合わせによっては、不潔というより雰囲気のあるワイルドな印象になりますので、一概にはいえないのです。

そこで大切となるのが「全体のフォルム」と「年齢」です。人間は皆骨格が異なりますので、顔の形も当然違います。丸顔やベース顔など、その人の顔の形に合った髪型を選ぶことで印象はガラリと変わるというわけです。また年齢も大きく影響します。同じ髪型でも年齢によって似合う・似合わないが変わってしまいますので、年齢相応のヘアスタイルで良い印象を与えるようにしましょう。
+
10〜20代の男性におすすめのヘアスタイルとは、前髪を生かしたヘアスタイルではないでしょうか。若さを存分に生かすポイントとして、例えば前髪を下ろすことによってかわいらしく若々しい印象を与えることができますし、反対に前髪を上げた場合にはワイルドでいながらもどこか幼さを感じさせたりもします。カラーやパーマなどで遊びもプラスするのもいいかもしれません。
・ショートウルフ
ショートウルフはその名の通り狼をモチーフにしたヘアスタイルです。頭頂部に当たるトップを狼のたてがみのように立たせて、サイドの部分をショートにします。ちなみにサイドをロングにすると「ウルフヘア」となります。ショートウルフの特徴としては、毛先などを遊ばせることもできますし、それでいて同時にサイド部分を短くすることによって軽さや爽快感を演出することができるという点が挙げられます。

・マッシュヘア
可愛らしさと幼さを演出できるトレンドヘアです。毛先にアクセントを付けたり、全体的に動きを出してあげたりすることによってのっぺりとしすぎることなくおしゃれな雰囲気になります。アップバングで額を出す形にしますと、顔周りがスッキリして重さが抜けますし、重めの前髪の場合には横に流しつつ束感を出すことによって、艶っぽさが増しますので使い分けもありでしょう。

・ツーブロック
もはや定番となったツーブロックですが、やはり軽さと清潔感が出るというのが特徴的です。ワイルドな感じにもなりますので、しっかりとツーブロックにしてトップを立たせることで男らしい雰囲気にすることや、重めのミディアムヘアと組み合わせることによって重すぎないスッキリとした形にもできます。
+
30代の場合には、ビジネスの場でも違和感のないヘアスタイルを意識するといいかもしれません。それでいてプライベートでもおしゃれに決めることができるシンプルなヘアスタイルが似合います。ジャケットスタイルと相性がいいかどうか、そして若々しさをさり気なく演出できるかといった視点で決めるのもいいのではないでしょうか。時計などの装飾品もグレードが上がってき始めますので、違和感のない大人の男性の雰囲気を意識しましょう。

・フレンチルーズリーゼント
サイドの刈り上げとトップの重さが絶妙なヘアスタイルです。ポイントとなるグラデーションの刈り上げによっておしゃれでかつ重すぎず軽すぎない仕上がりになります。アップバングによって顔周りがスッキリと見えるというのも好印象です。骨格に合わせてトップ周辺の長さを調整し、頭の形をきれいに見せるようにするとなお良しです。

・バーバーソフトモヒカン
世界的にも大人気な「バーバー系」といわれるオールドバーバーの雰囲気をまとったヘアスタイルです。ただのソフトモヒカンと異なるポイントとして、サイドとバックの刈り上げがグラデーションになっており、飽きさせない見た目に仕上がります。グリースなどのスタイリング剤を使って毛束を作ればさらにおしゃれな雰囲気が増します。非常にシンプルでスタイリングも簡単なので忙しいビジネスマンにもぴったりです。

・サイドパートソフトバーバー
「サードパート」というのはいわゆる横分けヘアのことです。近年では特に人気という印象が強いヘアスタイルですが、いつの時代でも人気のある定番スタイルでもあります。そこにサイドとバックを4mm以下のバーバースタイルで刈り上げることによって完成です。分け目のキッチリした感じと盛り上げ部分のコントラストがいいバランスです。ジェルなどでスタイリングすることで、ラグジュアリーで大人っぽい雰囲気がグッと増します。
+
ファッションもそうですが、年相応というものがあります。若い10代や20代のころには問題がなかったとしても、年を重ねていく中で不格好になっていくことが往々にしてあります。もちろん誰にだって好みがあるので好きなスタイルをいつまでも続けたい気持もあるかもしれませんが、年齢に合わせたヘアスタイルを見つけてそれを楽しむという喜びもあるのではないでしょうか。
+
年齢に応じて似合う髪型というものあります。特定の年齢だからこそ味が深まりヘアスタイルというものが確かに存在していますので、限られたものだけでなく、今まで挑戦したことのないヘアスタイルにすることでさらにおしゃれの階段を上がることができるでしょう。

年齢に合わせたヘアスタイルに挑戦したいとお考えでしたら「HAIR DESIGN ATELIER MIU」にお越しください。髪質なども考慮して、お客様一人ひとりに合った髪型をアドバイスいたします。

Reserved

FaceBook